--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

05.10

父からの緩和メール

902 名前:本当にあった怖い名無し:投稿日:2009/05/25(月) 04:11:37 ID:WShrHMqHO
肺がん末期一歩手前の父が入院した。
抗がん剤治療がかなり苦しかったようで、話すことも厳しい状態だった。
だから、メールをやりとりしていた。



私:何日から、また抗がん剤を打つの?


父:二じゆう二のひだわ-睾丸剤ですー





父よ、何の治療してる?


903 名前:本当にあった怖い名無し:投稿日:2009/05/25(月) 04:16:40 ID:/86biH700
ちょwww深刻な話なのにパパンwwww







いや待て、ちょっとでも子供の心を和ませようという
父親の深遠なる配慮やもしれん


お母さんからのメールはオカルト其の1-5
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

俺にはただ泣ける

メールが届いた名無し:2010/05/10(月) 17:34:12 | URL | [編集]

コメントの投稿









 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。